20代女性「歯周病が気になる、膿が止まらない」重度の慢性歯周炎を治療した症例

2022/03/07

患者 20代女性
相談内容 「歯周病が気になる。何軒か歯科医院に通ったが治らない。膿が止まらない」とご相談いただきました。
カウンセリング
・診断結果
診察したところ、重度の慢性歯周炎と診断しました。
治療内容 重度の慢性歯周炎なので、基本に則った歯周病基本治療を行いました。
まずは刷掃(ブラッシング)指導及び根面のディブライドメント(専用の機器を用いて歯根面から歯周病の原因となる「プラーク」を除去する治療)を目的としたSRP(歯周病が中等度に進行している患者様に対して行う歯石除去の処置)等を行いました。

基本治療終了後、炎症が残るようであれば歯周外科処置を行う予定を立てました。

歯周病は歯周病菌による感染症なので、毎日の患者様による細菌除去つまりブラッシングが何よりも重要なので、毎回の治療ごとにブラッシングのチェックと指導を行いました。

治療期間 2018年12月17日から2019年6月19日(約半年)
治療の費用 ¥141,070-
内訳:保険診療¥41,070- 、自由診療¥100,000-(税別)
治療経過 歯周基本治療終了後、病状は安定し、歯周炎の進行も止まったので、その後は、定期健診としました。

治療リスク 毎日のブラッシングが疎かになったり、生活環境が急激に変化すると歯周病が再炎する可能性があります。

治療前

治療後