30代男性「以前、詰めたものが取れた」インレーの脱離と二次う蝕をダイレクトボンディングで治療した症例

2022/03/09

患者 30代男性
相談内容 「以前、詰めたものが取れた」とご相談いただきました。
カウンセリング
・診断結果
診察したところ、インレーが脱離して、二次う蝕(むし歯治療に用いた詰め物や被せ物のすき間にむし歯菌が侵入し、歯が再度むし歯になってしまうこと)を認めました。
治療内容 インレーが脱離して、黒く二次う蝕になっており、再度同じ治療だとさらに大きく削らなければならず、また短期間で脱離する可能性があったため、ダイレクトボンディング治療をご提案しました。
二次う蝕を起こさないように慎重に処置を行いました。
治療期間 2022年3月4日(1日)
治療の費用 約¥3,000-(保険診療3割負担)
治療経過 痛みや冷水痛はなく、かみ合わせも問題ありません。1回の治療で済んだことでも患者様にご満足いただいています。
治療リスク 非常に硬いものを噛むと割れる可能性があります。

治療前

治療後