20代女性「歯が欠けた」二次う蝕で過去に充填したCRと歯質との境で破折した歯をCR充填で治療した症例

2022/03/17

患者 20代女性
相談内容 「歯が欠けた」とご相談いただきました。
カウンセリング
・診断結果
診察したところ、二次カリエス(むし歯治療に用いた詰め物や被せ物のすき間にむし歯菌が侵入し、歯が再度むし歯になってしまうこと)により、以前充填したCRと歯質との境で破折(割れたり、折れたり、ひび割れたりすること)している状態でした。
治療内容 二次う蝕の範囲が狭く、歯牙の破折の範囲も小さいため、CR(コンポジットレジンとも呼ばれ、主に小さな虫歯治療で活用される、歯科用プラスチック)充填としました。
歯の色調を合わせることと、今後二次う蝕を起こさないよう、慎重に処置を行いました。
治療期間 2022年3月2日(1日)
治療の費用 約¥3,000-
保険診療3割負担
治療経過 色調に違和感はなく、痛みや冷水痛もないとのことで、患者様にご満足いただいています。
治療リスク 非常に硬いものを噛むと割れる可能性があります。

治療前

治療後