50代男性「穴が開いた歯がしみて痛い」急性歯髄炎を抜髄及び根幹治療後CAD/CAM冠にて歯冠修復を行った症例

2022/03/17

患者 50代男性
相談内容 「歯に穴が開いて、しみて痛い」とご相談いただきました。
カウンセリング
・診断結果
診察したところ、急性歯髄炎と診断しました。
治療内容 カリエス(むし歯)が深く、臨床症状が認められたので、抜髄(歯の神経を抜くこと)を行い、根幹治療を行いました。
その後、CAD/CAM冠にて補綴(歯の欠損部に入れ歯をしたり冠をかぶせたりして、歯の働きを補うこと)しました。
根幹治療及びCAD/CAM冠セット時に咬合(かみ合わせ)調整も行いました。
治療期間 2022年2月18日、2022年2月28日(2日間)
治療の費用 約¥15,000-(保険診療3割負担、初診時診査費用、処置量全て含む)
治療経過 痛みもなく、よく噛めるとのことです。また、金属ではないため、目立たず良いと患者様に喜んでいただいています。
治療リスク 非常に硬いものを噛むと割れたり、歯根破折(割れたり、折れたり、ひび割れたりすること)を起こしたりする可能性があります。

治療前

治療後

  

治療後