50代男性「右下の歯が欠けた」インレーが脱離して歯牙が半分欠損していた部分を根管治療とCAD/CAM冠で修復した症例

2022/03/17

患者 50代男性
相談内容 「右下の歯が欠けた」とご相談いただきました。
カウンセリング
・診断結果
診察したところ、インレーが脱離して歯牙が半分欠損した状態でした。
治療内容 歯牙が約半分欠損していたため、後に痛みが出ないように根管治療をやり直した上で、冠を被せて補綴(歯の欠損部に入れ歯をしたり冠をかぶせたりして、歯の働きを補うこと)することとしました。
見えるところなので、CAD/CAM冠を選択しました。
治療期間 2022年2月4日から2022年2月25日
治療の費用 約¥13,000-(保険3割負担)
治療経過 見た目の審美性も良いとご満足いただいており、痛みもなく噛めているとのことです。
治療リスク あまりに固いものを噛むと、歯根破折(割れたり、折れたり、ひび割れたりすること)及びCAD/CAM冠が割れる可能性があります。

治療前

治療後