20代女性「前歯の色が気になる」色調が合っていなかった前歯をセラミックにより歯冠補綴をした症例

2022/03/17

患者 20代女性
相談内容 「前歯の色が気になる」とご相談いただきました。
カウンセリング
・診断結果
診察したところ、以前に破折した右上中切歯がレジンで修復されていましたが、色調が合っていない状態でした。
治療内容 隣の天然歯と色調、形態を合わせる必要があり、セラミックによる補綴をご提案しました。
生活歯(神経が生きている歯)なので、痛みが出ないように何回かに分けて歯牙形成を行いました。また、仮の歯を作り装着することにより、歯周組織の安定及び咬合(かみ合わせ)の安定に注意して治療を進めました。
治療期間 2021年12月5日から2022年2月25日(約2ヶ月半)
治療の費用 ¥137,500-
(内訳)PR(歯周組織、咬合の安定、予後を診るための仮歯):¥5,500- 、E-MAX(ガラスセラミックを強化した素材):¥132,000-
治療経過 自然観がある仕上がりとなり、患者様にご満足いただいています。
治療リスク 固いものを不用意にかみ切ると割れる可能性があります。

治療前

治療後