60代男性「金属が外れた」脱離したクラウンをCAD/CAM冠で補綴した症例

2022/04/13

患者 60代男性
相談内容 「金属が外れた」とご相談いただきました。
カウンセリング
・診断結果
診察したところ、クラウンが脱離していました。再度、クラウンにて補綴する必要がありました。
治療内容 患者様が白い冠をご希望されたため、CAD/CAM冠による補綴(歯の欠損部に入れ歯をしたり冠をかぶせたりして、歯の働きを補うこと)とした。
CAD/CAM冠とは、口腔内に装着するクラウンやインレーなどの補綴物をCADやCAMのシステムを用いて設計、作製した冠のことです。
この治療で特に注力したポイント 生活歯で神経が生きている歯なので、痛みが出ないように何回かに分けて歯牙形成を行いました。また、仮の歯を作り装着することにより、歯周組織の安定及び咬合(噛み合わせ)の安定に注意しました。
治療期間 2022年3月25日,4月5日(2回)
治療の費用 約¥13,000-
保険3割負担
治療経過 自然観がある仕上がりとなり、ご満足いただけました。
治療リスク 固いものを不用意にかみ切ると割れる可能性があります。

治療前

治療後