20代男性「右下の歯が虫歯でしみる」虫歯を除去後CR充填した症例

2022/04/18

患者 20代男性
相談内容 「右下の歯が虫歯でしみる」とご相談いただきました。
カウンセリング
・診断結果
診察したところ、右下6番がカリエス(虫歯)で欠損している状態でした。カリエスは深くまで進行していました。
治療内容 カリエスの範囲は狭く、歯髄(歯の神経)を保存できれば、CR充填(コンポジットレジンとも呼ばれ、主に小さな虫歯治療で活用される歯科用プラスチックを詰めて塞ぐ治療)が可能と判断しました。
この治療で特に注力したポイント カリエスが深かったため、歯髄が露出しないように慎重にカリエスを除去しました。のちに痛みが出ないようにレーザー治療も行いました。
治療期間 2022年3月29日から2022年4月12日(約2週間)
治療の費用 約¥5,000-
保険3割負担
治療経過 見た目も良く、噛んだ時に痛みもないとのことで、ご満足いただけています。
治療リスク 数か月後または数年後に痛みが出る可能性があります。

治療前

治療後