お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-4276

再診・その他のお問い合わせ

047-324-2324

メールお問合せ

24時間WEBお問合せ

定期健診はなぜ必要か|市川駅徒歩2分の歯医者 尾崎デンタルクリニック(市川市)

尾崎歯科医院

尾崎歯科医院047-482-2986

尾崎歯科医院へのアクセス
尾崎歯科医院へのお問合せ
お問い合わせ
アクセス
お問い合わせ

BLOG

定期健診はなぜ必要か [2017年08月24日]

 

歯科はもちろんのこと一般医科でも国民に向けて定期健診を受けるように呼びかけています。では、なぜ定期健診が必要なのか説明します。
よく言われていることが、早期発見、早期治療によりかかってしまった病気を早く治してしまいましょうということです。
もちろん、このことが第一義であり、病気にかかっても命に係わるところまで進まないうちに治療を行って完治させることが目的です。
現在の日本では国民皆保険制度により、保険治療に認められている治療ならば、自己負担が医療費の1割から3割負担で治療が受けられます。
この制度は非常に重要で日本における平均寿命を飛躍的に伸ばした最大の要因だと私は考えます。
つまり、経済的自己負担が少なく、治療を受けられるのですからこれほどいい制度は世界中に無いと思います。

高齢者人口の医療費の増加

 

しかし、現在の日本では、高齢者人口が多くなり、現役で働いて保険料を負担している人口が少なくなり、かつ、高齢者人口が増え、その医療費が年々増加しています。
また、現役世代の所得がなかなか増えないので、その所得に応じた保険料も増えないので、さらに日本の社会保険料や国民健康保険料が増えず、財政がひっ迫しているのが現状です。
では、何故、このことと定期健診と結びつくのかという事です。

  

以前から、判っていたのですが、その国の医療費は予防に重点をおいて、疾病にかかり難くすることにより低くなるのです。
つまり、国民が普段から健康に注意し、定期健診を受けて、病気を早期に発見し、早期に治療をすれば、治療費も高額にならず、早く社会復帰でき健康に働ければ、それだけ、国民全体の医療費が低く抑えられるのです。
つまり、国民にとっても国にとっても双方いい結果となるのです。このように、国と国民の関係からいうと大きなメリットがあるのです。

医学的検知からみた定期検診のメリット

 

次に医学的見地からのメリットを考えると、定期健診は個人個人の健康維持に非常に重要な役割があります。
先ず、定期健診を受ける様になると、人は普段から健康に留意するようになります。たとえば、少しでも運動しようと思いいくらかでも歩くようになり、食べるものにも気を付ける様になります。
このように、健康維持を意識していると自分の体調が少しでも悪くなれば、そのことに気づける様になり、早期に病院に行くようになります。
これは、早期発見、早期治療の第1歩となるのです。

  

次のメリットは、定期的に健診を受けることにより、自分では気づかないことでも、血液検査、レントゲン、CTなどの検査により異常が見つかることがあります。
それが癌であれば早期に治療が出来るでしょうし、癌では無いその他の病気でも早く対処することが出来、患者さんにとってあまり負担にならず治療を進めることが出来るのです。

 

また、糖尿病、高血圧症などの循環器疾患といった慢性疾患にかかっていると当然数か月おきに血液検査などを行い、病状を診査し、それに合わせて投薬を調整し、症状の安定、改善を行います。
悪くなっていれば、担当医師はなぜ悪くなったのかを考え、患者さんに生活状況の変化、食生活の状況を問診し、そこに原因が有れば直すように指導をするでしょう。
このように定期的にチェックすることが病状の安定、改善の為に非常に重要なのです。

歯科における定期検診のメリット

 

歯科に於ける定期健診のメリットについて述べます。もちろん、早期発見、早期治療が第1義なのですが、「歯が悪くなる原因」、「歯を磨くべき理由」にも書いたのですが、虫歯も歯周病も原因は細菌感染でありその増徴因子が物理的力です。
つまり、虫歯菌や歯周病菌に感染してもその量と時間的長さと加わる力の継続的時間的長さにより、疾病として発現したりしなかったり、進行が遅かったり、ごく初期であれば治ったりします。

 

 虫歯や歯周病は生活習慣に大きく左右されるのです。食事の時間が不規則だったり、甘いものや砂糖の多く入った飲み物を好んで飲んでいたり、歯磨きが的確になされていなかったり、仕事でストレスが多く、噛締めていたりして絶えず歯に力を掛けていると当然虫歯にもなるし、歯周病にも罹りやすくなります。

そこで、定期的に歯科検診を受けているとお口の中の変化が分かりやすく、以前の結果と比べることにより、悪くなっているのかいないのかが判定出来ます。
悪くなっていなければ、その原因が家での歯磨きを含めた口腔内ケアーの仕方(歯磨き等)なのか、食生活なのか、生活環境の変化なのか、その原因を患者さんと共に考えることが出来るのです。
その原因が分かれば、それを改善することにより、今すぐ治療しなくても良かったり、簡単な治療で済んだりします。

治し維持することが歯科治療のゴール

歯科に於ける治療のゴールは、一度お口の中をきれいに直したら、その状態を出来る限り長く維持することにあります。
その為には、定期健診により、少しでも磨き方が甘くなっていることや、生活環境の変化(介護、職場の移動、育児など)により噛締めや歯ぎしりによる持続的力による虫歯や歯周病へのリスクの高まりに気づくことが出来るのです。

ご自分では気付かないことが歯科医師や歯科衛生士により見つけることが出来るのです。
原因が分かったらそこを改善していくことにより悪くしない、出来れば治療せずに治していき、良好な状態を保つことに主眼を置く、これが歯科に於ける定期健診の最大のメリットです。

特に重度の歯周病に罹患し、治療を受けた方は数か月毎の検診は重要です。
重度の歯周病に一度罹患した場合、その進行は体の免疫応答と相まって進行していきます。
最初は数多くの歯周病菌と噛締めなどの力により歯を支えている歯周組織(骨、歯肉等)が炎症を起こすのですが、その炎症反応は体に備わっている免疫反応ともは相まって起こるので、一度体の中に歯周病菌に対する抗体が出来てしまうと、今度は少ない量の歯周病菌に対しても免疫応答が始まるので、磨き残しにより口腔内の細菌数が増えてしまうと今度はその量が最初の時より少ない量でも歯周組織の破壊が始まります。

ここ数年、歯科に通っていない方ぜひ一度、ご自分のお口の中がどうなっているのか調べてみてはどうでしょう。
ご自分のお口の状況を把握しておくことは健康を維持するうえで非常に大事です。
お口の中の様々な菌(特に歯周病菌)が様々な病気に関連していることが最近分かってきています。病は気からではなくお口からです。

歯が悪くなる原因 [2017年06月05日]

歯が悪くなる、つまり、虫歯(カリエス)、歯周病に罹患してしまう原因には2つあります。1つは細菌感染であり、もう一つは物理的要因である力による歯牙の破折、歯周組織の破壊です。

細菌感染とは虫歯を惹起させる虫歯菌や歯周病を惹起させる歯周病菌に感染することです。しかし、これらの菌の数が数百匹程度では虫歯も歯周病も起こりませんし、ミクロ的に歯牙の周囲で何か起こったとしても臨床的には何の症状もありませんし、病的変化を識別することもできません。また、毎日、確実にブラッシングしていれば進行することもなく修復されてしまいます。ではどのくらいの数の細菌がいると虫歯や歯周病が惹起されるかというと数万以上になると危険です。細菌がこのくらい集まると虫歯も歯周病も症状として認められる様になります。虫歯でしたら歯牙の表面が白濁したり、穴が開いたり、甘いものに沁みたりしますし、歯周病でしたら歯茎が腫れたり、ブラッシング時に出血したり、食事のたびに出血したりします。

ですから、毎日のブラッシングにより細菌の塊であるプラーク(歯垢)を落とさなければならないのです。細菌は睡眠中にお口の中で増殖しますので、特に寝る前にブラッシングして細菌の数を減らしておくことが重要になるのです。

次に物理的要因である力についてです。力とは、歯牙一本一本に掛かる力の事です。もっと分かりやすく言えば、上下の歯が噛み合ったとき時のそれぞれの歯牙に掛かる力の事です。

通常の食材を咀嚼している時の歯牙に掛かる力は、その人の体重分の重さで噛み切っています。しかし、少し、硬かったり、噛み切り難いものですと100Kgを超えています。一日3回の食事で上下の歯牙を噛みあわせている時間は合計でせいぜい10分前後と言われています。ですので、通常の食事での歯牙に掛かる力が悪さをすることは先ずありません。

ではどういったことが物理的に良くないのかそれは、所謂、歯ぎしり、噛締めと言われるもので、専門用語でクレンチングと言います。クレンチングとは英語で噛締めるという意味です。殆どの人が食事以外の時に程度の差はあっても行っています。日中、仕事をしている時や睡眠中に歯ぎしり、噛締めをしているのです。その理由はストレス解消に噛締めています。特に、仕事に集中している時、パソコンに向かって考えている時、緊張している時、重いものを持った時、あらゆる時に噛締めています。日中、噛締めていると睡眠中も歯ぎしり、噛締めをしています。そして、その力が、100Kg前後になるのです。

この力により、歯が減ったり(咬耗)、歯牙の根元の歯茎の境目が喫状になったり、歯牙の表面にヒビが入ったりします。歯牙の表面にヒビが入り、そこに虫歯菌が入り込んだらいくら磨いても除去できません。そうすると、虫歯菌が産生する酸により歯牙が脱灰され虫歯となるのです。歯牙の根元に喫状欠損が出来るとそこだけ凹んでしまうのでよく磨けずやはり虫歯になり、神経(歯髄)に近接している部位なので神経を取らなければならなくなったりします。咬耗の場合は歯の噛みあわせる面が減ってしまいますので、噛みあわせる高さが低くなってしまい、ひどくなると顎関節に問題を起こし、口を開けにくくなったり、口を開ける度に耳元で音がしたりする、所謂、顎関節症になったりします。

上記の様な噛締めを止めるには日常生活に於いて意識して止めるしかありません。先ず、唇を閉じて、舌の先端を上の前歯の根元の少し後ろにある切歯乳頭の部分に着けます。その際、上下の歯は噛みあわせず、少し、空かせるようにします。この状態が正常な状態です。基本的に上下の歯を噛みあわせるのは食事の時だけです。しかし、人間は何かに集中したり、緊張すると噛締めます。ですので、噛締めに気づいたら止める様にしましょう。この気づいたら止めることがなかなか大変です。気づいたら止めるという事を繰り返し、気長にやってください。このように、日中、噛締めに注意し、かつ、就寝前に「噛締めない」「歯ぎしりしない」と思うことで、就寝中の噛締め、歯ぎしりの頻度は少なくなり、その時間も短くなります。では、生涯、この噛締めを意識していなければならないかというと、そうでもありません。数か月間、意識していると、ある日ふと噛締めていない方が楽だと気づきます。そのことに気づけば病的な噛締めを止められるようになっています。ただし、100%ではありません。70%~80%噛締めを止められたと考えてください。しかし、ここまで出来ればまた、病的な噛締めを始めたとしても自分ですぐに気づき、酷くならないうちに止められるようになります。

次に大事なことは、噛締めないようにしようと唇を閉じないでお口を開けてしまわないことです。必ず、唇を閉じて、お鼻で呼吸してください。ゆっくりと鼻呼吸をする様にしてください。ゆっくり深く呼吸することで体の恒常性が保たれ精神的にも落ち着いてきます。1回の呼吸による肺でのガス交換量は約500mlです。1分間の呼吸回数は通常、7回から8回ですので、1分間の肺でのガス交換量は3.5L~4.0Lになります。しかし、口呼吸の場合、一度の呼吸で肺に吸い込まれる空気の量は鼻呼吸よりも少なくなりその約半分と言われています。つまり、呼吸が浅くなるのです。また、口呼吸では外気をそのまま、吸い込むことになり、雑菌を吸い込みやすく日和見感染に掛かりやすくなります。また、口呼吸では呼気を吐き出す時に体温も一緒に吐き出す事になり、空気を吸い込む時も体温より低い温度の外気を吸い込むのでやはり体温の低下を招くのです。このように、口呼吸は鼻呼吸よりも人間の体力を消耗させます。

また、歯周病に罹患している人が、噛締めにより絶えず歯牙に過剰な力を加えていると、歯周病の進行を早めることとなります。それは、歯根の周囲には歯根膜という線維の集まりがあり、その線維と歯を支えている骨とが結合しています。ですので、歯根と顎の骨が直接結合しているのではありません。この歯根膜は骨を覆っている歯肉とも結合しています。そして、歯牙に力が加わると歯牙や骨に直接力が加わらないように、圧縮されて力を逃がす役割をしています。分かりやすくいうと座布団の役割をしています。

歯根膜は通常引き締まっており、歯茎を歯の周囲に確りと密着させるようにしています。分かりやすく言えば、ズボンのベルトの役割をしているのです歯茎が密着していることにより、歯周病菌が深く入りこまないようにしているのです。しかし、この歯根膜に噛締めにより過重負担が起こると線維が伸びたゴムの様になり伸縮性が無くなり緩くなります。そうすると、歯茎と歯の間にある歯周ポケット内に細菌が入りこみ、増殖し、結果として、歯茎が炎症を起こし、次に歯を支えている骨が溶かされて無くなり、歯周病が進行していくのです。つまり、以上のことは人間が作る構造物である橋、トンネル、道路、建物と同様で、定期的に錆を落とし、補修していないと、そこに過重負担が加わると崩落していくのと同じなのです。ただし、人間の体には自浄作用が備わっています。それは免疫作用です。ある一定の量の細菌、ある一定の過重ならば防御出来る様になっているのです。ただし、その範囲を超えると人間の口腔内も崩壊していくのです。

以上の様に、歯が悪くなる原因は細菌感染と力です。この二つの原因をコントロールするには、毎日の歯磨きによる細菌除去(歯磨きの目的)と噛締めに注意して歯牙に掛かる必要以上の力をコントロールしていくことが大事なのです。

なぜ歯を磨かなければいけないのか?その理由 [2017年03月10日]

歯磨きは治療の一つ

皆さんは歯を磨く目的は何かご存知ですか。皆さんは小さいころから、親御さんや学校の先生に言われ毎日の習慣の一つとして歯磨きをしてきたし、また、されているのだと思います。
歯磨きは、歯科医学的にはもっとも重要な口腔内を健康的に且つ衛生的に清潔に保つ効果的な予防処置であり、また、歯周病(歯槽膿漏)、虫歯(カリエス)に対する最も重要な治療のひとつです。

その理由は歯周病も虫歯も歯周病菌(歯周病原菌),虫歯菌(ミュウタンス菌)に感染して起こる疾患だからです。では、その菌とはどれかというと、よくテレビの宣伝などで言われているプラーク(歯垢)がそれらの菌の塊です。このプラークはお口の中の種々の雑菌や歯周病菌、虫歯菌が生きている状態で塊になっているものです。特徴としては、菌体から放出されるデキストランという物質により粘性(べたつき)が有り、歯の表面、特に歯と歯茎の境目(歯頸部)に粘着しています。楊枝で歯の表面をなぞってみると、楊枝の先に白い塊として見ることが出来ます。

これをもう少し分かり易く例えると、お風呂場などの排水溝で掃除をしないでいるとカビが繁殖しヌルヌルした状態でこびりついているのを見たことがあるでしょうか。この状態と同じです。このカビが繁殖し膜状になっていることを細菌学的にはバイオフィルムといいます。そして、この細菌のバイオフィルムは粘着性があることが特徴です。ですから、ブラシなどでこすり落とすか強力な薬剤で化学的に分解して落とすのです。

お風呂場や他の水回りでは強力な化学薬品洗剤を使用できますが、お口の中ではそんな薬品洗剤は使用できません。ですから、歯ブラシで歯の周りについているプラーク(菌の塊)を擦って落とすしかないのです。つまり、歯周病や虫歯の原因菌を除去することが歯磨きの目的なのです。これが、歯の治療で最も重要で効果のある治療です。

歯磨き粉の落とし穴

歯石はお口の中に生息する雑菌、歯周病菌、虫歯菌が死んでしまった死骸の塊です。そして、この歯石の構造は軽石のようになっていて中は気泡が多くあり、その中に毒性の高い細菌が多く生息し毒素を出しています。
皆さんは毎日の歯磨きで歯磨き用ペーストを使っていると思います。しかし、ペーストを使っているからと言ってきれいにプラークが除去できているかというとそうではありません。

もし、歯磨き用ペーストできれいにプラークが落ちるのであれば、これほど、多くの歯周病や虫歯の患者さんはいないのではないかと思います。また、皆さんも歯科医院に受診された時に、歯科医師や歯科衛生士に「磨き残しや、歯石が着いています。もう少し、頑張って磨いてください」とは言われないだろうと思います。

もちろん、ペーストに全く効果が無いかといえばそうではありません。ペーストに含まれる、フッ素をはじめとする種々の薬剤が歯周病菌、虫歯菌の繁殖を防いでいるのは確かだと思います。ペーストでは菌の絶対量を減らす効果はほぼありません。歯の表面に生息する菌の塊であるプラークを除去し菌の絶対量を効果的に減らすことが出来るのは機械的な歯磨きにより擦り取るほうが、ペーストによる抑制効果よりも勝っているのです。

歯磨き粉とも上手に付き合う

ペーストを使用して磨くことがいけないのではありません。ペーストを使用して磨くと磨けていない(プラークが除去出来ていない)のに磨けたと勘違いしてしまうところに落とし穴があるのです。もし、歯科用ペーストを効果的に使うのであれば、先ず、歯ブラシを水にぬらし、それで歯を磨きます。お口の中がさっぱりするまでよく磨きます。

途中で歯の表面を舌で舐めてみてください、ざらつきやヌルヌルした所が無いか確かめながら磨いてください。そうやって磨いていくとお口の中がさっぱりしてきます。
そこまで磨いてみてください。その時、お茶を用意しお口に含んでみてください。ペーストを使って磨いた後にお茶をお口に含むとお茶の渋みを感じるのと同じような渋みを感じます。

その状態がほぼ歯科医や歯科衛生士がいう良く磨けている状態です。でも,100%ではありません。約90%前後です。この残った10%前後のプラークつまり菌の繁殖を抑制するのがペーストに含まれる薬剤なのです。
ですから、よく磨いた後に、ペーストを付けて軽く泡立てて磨き、泡立ったところですぐにお口をゆすがず、5分そのままにしておいてください。当然、唾液がお口に溜まりますのでそれは捨ててください。5分したらすすいで結構です。ただし、すすぐのは軽く2~3回です。何度もすすぐとペーストに含まれる薬剤が流されてしまいます。

これは、傷口に薬を塗るのに傷口をきれいにしてから薬を塗るのと同じで、汚い所に薬を付けるよりきれいにして薬を付けたほうが効果があるのと同じということです。

歯磨きに最適なタイミング

では、いつ歯磨きをしたら効果的か?それは”就寝前”です。
理由はお口に生息する細菌は寝ているときに繁殖します。起きた時にお口が粘ついたり、口臭が強くなったりするのはお口の中に生息する細菌が繁殖し、その細菌量が増えたからです。ですので、就寝前に細菌の絶対量を歯磨きにより減らし、その上でペーストに含まれる薬剤により残った細菌の繁殖を抑制しておけば歯周病や虫歯に罹患するリスクが減り、また、すでに罹患している方はその病変の進行を抑制する効果があるのです。

また、歯磨きの仕方は人それぞれで、個人個人により手の動かし方、歯ブラシの形状、歯並び、お口の開け方、お口周囲の筋力等皆さん違います。ですので、その人に合った磨き方を歯科医院で習っておくことが重要です。
よく歯科医院で「よく磨いてくださいね。」と言われると思います。これも、皆さん子供のころから言われていると思います。しかし、歯科医院に行くたびに同じことを言われませんか。どうやったらよく磨けるのかは個人個人で違うのです。具体的にご自分に合った磨き方を習って磨いていればそれほど言われないのではないでしょうか。

しかし、前述したように100%磨くのは不可能です。どうしても磨き残しが出来てしまいます。その磨き残しが歯周病の進行や虫歯の進行を助長します。ですから、数か月おきに歯科医院に受診し歯石を取ったり、虫歯になっていないか診てもらったほうがいいのです。決して数か月おきに受診していれば、歯周病や虫歯に罹患しないということではありません。しかし、早期に発見することにより処置が複雑にならずに済みます。また、普段の生活状況から原因を探ることが出来、原因に対しての対処もできるのです。

歯磨きは全身の疾患と関係している?

次に、歯磨きと全疾患との関連についてお話します。近年、歯周病と糖尿病、歯周病と循環器疾患など口腔衛生状態と全身疾患との関連性が言われています。
また、手術前には口腔内の歯石を取り、口腔内を清潔な状態にしてから手術を行うことがスタンダードになっています。では、なぜか。それはお口の中の雑菌、特に、歯周病菌が手術後の合併症を引き起こす原因菌ということが分かってきたからです。

その主なものが、誤嚥性肺炎です。唾液の中に歯周病菌がいて、その唾液を飲み込んだ時に誤嚥して気管に入ったら、体力が落ちていたら飲み込んだ細菌の量にもよりますが、肺炎を起こす危険があります。これは、介護を受けているご老人にも同じことが言えます。

歯周病菌は歯茎の炎症を引き起こし、歯茎の血管から血管内に侵入し血管内壁に付着します。病原性の高い歯周病菌は鉄分を好むからです。つまり、赤血球内のヘモグロビンです。そして、動脈硬化の原因のひとつになり、心臓の弁に付着した場合は心内膜炎の原因菌ともなります。

糖尿病との関係でいえば、歯周病に罹患していれば必ず糖尿病になるわけではないのですが、糖尿病になるリスクが高いと言われています。また、糖尿病で且つ歯周病に罹患している場合は、歯周病を治療するとA1Cの値が低くなることが分かっています。

アメリカでの報告ですが肩に人工の物(インプラント、人工関節)を入れた患者さんが、その肩を怪我したわけでもないのに感染を起こし、原因菌を特定したところ歯周病菌であったことが報告されています。つまり、その患者さんは歯周病で、歯茎の血管から歯周病菌が体内に侵入し、肩のインプラント(人工物)周囲に付着し感染を起こしたということです。これは、皆さんもよくご存じの歯を喪失したときによく行われるインプラント治療の最大の弱点である歯周病菌に対する易感染性と同じだと思います。

また、口腔内を清潔に保っていれば、日和見感染やインフルエンザに罹り難いということも言えます。ある小さな村でそこの歯科医師が村の人々の歯磨き指導をし、村民の口腔衛生状態を良くしたら他の地域よりインフルエンザの感染率が低かったという報告がありました。
以上、大雑把ではではありますが、歯磨きの目的、大切さをお話しさせていただきました。

虫歯や歯周病が気になる方はもちろん、ここ数年、歯科医院に行かれていない方、口臭が気になる方、歯磨きをすると出血をする方、奥歯を磨く時、嘔吐反射があり磨くことに抵抗のある方、一度いらしてみてください。皆様に合った磨き方を一緒に考え、お教えいたします。

義歯(入れ歯)の方もどうぞいらしてください。総義歯ならば入れ歯の手入れの仕方、局部義歯(部分入れ歯)ならば、義歯の部分と残っている歯の磨き方をきちんとお教えいたします。「病はお口から」です。お気軽にどうぞ。

PAGE TOP